インタビューのご紹介

  1. トップページ
  2. インタビューリスト

INTERVIEWS
インタビュー掲載記事

インタビュー風景メイン

仲間と一緒に宝物を探せる会社

株式会社Trys
市川 麻菜美氏

インタビュー風景1

―1人ひとりの責任範囲が広い、真のベンチャー企業

本日は、人事部にて採用全般を担当している市川麻菜美様に、イグジス株式会社(インタビュー当時/現:株式会社Trys、以下同)の魅力や採用についてお話を伺いました。

――これまでのキャリアについて簡単に教えてください。

市川氏:私は高卒で社会人になり、元々は西武ドームで働いていました。主な業務は、西武ライオンズや草野球、コンサートなどの運営とチケット運用。ドーム内のテナントさんの販売管理を担当していたこともあります。西武はすごく大きな会社ですが、ベンチャー気質なところがあって、新卒の私でも企画やアルバイト従業員のシフト管理も任せてもらえたんですね。だから、結婚を機にパート勤めになってからも、ベンチャー気質の会社で働いていた頃の楽しさを忘れられなくて。そこでキャリアコンサルの方に、「人や数字、ベンチャー気質の会社が好きだ」と相談したら、弊社の人事担当を進められました。ご縁あって入社してから、今年(2020年)の4月で3年目になります。

――実際に働いてみて、いかがでしたか?

市川氏:大手企業とは違い、弊社は真のベンチャーなので、一人ひとりの責任の範囲がより広いなと思いました。構築されていない制度もあるので、0から自分発信で変えていける部分も多いんです。ただ、最初の頃は求人を預かる身としての理解力がなく、エンジニアの方が使う専門用語もあまり知らなかったので、そこはかなり勉強しましたね。


インタビュー風景2

―「IPを創出する会社でありたい」という想い

――イグジスの事業内容について教えてください。

市川氏:創業当時から現在まで行っているのが、他社のゲーム会社様から受託で行うイラスト制作の事業です。2017年には動画事業部が発足して、そこではYouTubeの企画と配信、企業様に向けたタイアップの提案を行っています。2018年末からは新規事業部として、ゲーム事業部が正式に発足。翌年には、その事業部から弊社オリジナルのゲームが1本配信されています。ゲーム事業部では、受託で制作を行うこともあります。

――やはり特に力を入れているのは、創業当初から存在するイラスト事業部なのでしょうか?

市川氏:私たちには「IPを創出する会社でありたい」という目標があるので、IP化しやすいイラストを強化している傾向はあると思います。ただ正直、それがシナリオでも、オリジナルのゲームでも、動画でも構わないんですよね。あくまでも、IP自体を育てることをメインに置いています。


インタビュー風景3

―実りあるものを作るため、日々ディスカッションを重ねる現場

――社内の雰囲気について教えてください。

市川氏:入社前は、コンテンツ会社って煌びやかなイメージがあったんですよね。でも、実際に働いてみると、みんな普通のサラリーマンなんだなと思いました(笑)。売れるものを作るためにはどうしたらいいか、効率を上げるためには何を変えたらいいかを常に考えていて、良い意味で現実的というか。社名であるExysには“実りある”という意味があるんですが、代表も「市場に必要とされるものでなければ、作っている意味がない」と常に社員に伝えています。やっぱり作りたいもの、描きたいものだけを生み出すだけでは意味がないですよね。

――実りあるものを生み出すために、日々皆さんで話し合っているのでしょうか?

市川氏:そこは各事業部によって、それぞれだと思います。受託事業部は、わりと黙々と作業をしていて、コスト意識が高いですね。動画事業部は、面白いバラエティーのコンテンツを考える必要があるので、賑やかな環境で作業しています。でも全体的には、シーンとした感じはなく、机の周りでディスカッションしている印象がありますね。弊社は外注をほとんど行なっていないので、すぐ隣に自分と同じ職種の社員がいて、相談しやすい環境が整っていると思いますよ!


インタビュー風景4

―入社する決め手は、魅力的な業務内容

――採用を担当していて、何をやりがいに感じますか?

市川氏:月並みですが、採用した人たちが社内で活躍してくれるのが一番嬉しいですね。私が採用した動画のディレクターが、入社後すぐにYoutuberのチャンネルを任されたのですが、今ではファンの間でも名物ディレクターみたいになって、イベントがあるとスタッフ宛に差し入れをもらったりするんです。新卒入社した子たちが、翌年入社した子に業務を教えている姿を見る時も、感慨深いですね。正直代表よりも私の方が、従業員の顔と名前が一致すると思います(笑)。だから、困った時に相談してもらえるのもありがたいですし、人事の仕事は経営陣との意思疎通も必要なので、重要なポジションを担っていることにもやりがいを感じます。

――入社した社員からは、会社のどこが良かったと言ってもらえますか?

市川氏:ちょうど最近、入社5年以内の社員にアンケートを採ったんですが、半数の従業員が決め手になった部分として「業務内容の魅力」を挙げてくれました。次いで多かったのが、「労働条件」と「会社の雰囲気」。やはり当初は業務内容の魅力が薄かったと思います。でも、今は『オーバーロード』という作品や自社で企画・配信したYouTube動画など、アピールできる作品が増えてから、少しずつ業務内容に魅力を感じてくれる人が多くなってきました。まだまだ課題ではありますが、ブランド力は本当に重要だと思います。


インタビュー風景5

―役員と社員の距離が近く、アイデアを提案しやすい環境

――御社の良いところを教えてください。

市川氏:勤続年数が長い社員は、「裁量が大きい」と常々言っていますね。シナリオスクリプターの仕事をしている子たちも、いつも企画会議に出て、「こういうイベントやったらどうですか」「こういうキャラにしたらどうですか」と意見を出しています。実際に、新卒で入社した子のアイデアがゲームに反映された例もありますよ。私自身も、長らく採用の業務をやってきましたが、労務の仕事にも携わりたいと思い、手始めに「衛生管理者の資格を取らせてください」とお願いしたら許可していただいた経験があります。意見が通りやすい環境だと思ってます。

――意見が通りやすいということは、役員と社員の関係が近いということでしょうか?

市川氏:ゲーム事業部のエンジニアなんかは、毎日のように役員とお昼に行っていますよ。ワンフロアに社員全員がいるので、みんなが目の届く位置に役員がいるのも1つのメリットだと思います。社内イベントをもっとやっていこうという流れがあり、年1回の社員総会や納会も大々的に行なっています。今後、そういった垣根を越えた集まりも増やしていきたいと思っています。私は自分の学歴にコンプレックスがあったんですが、初めての職種にもチャレンジできましたし、活躍している社員や代表と話し合える機会があるということ自体、とてもありがたい環境だなと思いますね。

――御社が社員に求める人物像は何ですか?

市川氏:まずは、自発的・能動的に動ける人ですね。また、コンテンツ会社はトレンドの移り変わりが激しいので、流行っている絵柄や最新のシステムに対するアンテナを常に張り続けていて、自分でアイデアとして落とし込むための努力ができる人は強いなと思います。あと、コミュニケーション能力も必要なので、周りのメンバーと上手くやり取りして仕事を進めていける人はいいですね。


インタビュー風景6

―“育てる”文化を再構築して、社員が成長できる環境を整えたい

――イグジス全体が掲げている目標は何でしょうか?

市川氏:社員が生み出したコンテンツを、一つでも多く世に出すのが目標です。ブランド力の強化というか、「イグジスはあれをやっている会社だよね!」ってみんながわかるようなコンテンツをどんどん生み出していきたいですね。

――そのために、人事として挑戦したいことはありますか?

市川氏:やはり会社全体の採用基準の明確さや人事制度の統一など、課題に感じていることはたくさんあります。今は受託の事業部しかなかった頃の制度を、他の事業部にも当てはめてカスタマイズしている段階なので、これから全社に向けて再構築していく予定です。それが整ったら、“ここまで頑張ったら評価してもらえる”という明確な指針ができて、生産性も上がってくるし、それを受けてリーダーやマネージャーも育つんじゃないかなと。“育てる文化”を再構築して、社員が成長できる環境をつくりたいと思っています。創立から12年経ちましたが、まだまだ「みんなで団結して頑張ろう!」という気持ちが大きいので、意思統一のある会社にして行きたいし、そこに共感できる人が集まってくれるように採用力を身につけていきたいです。


インタビュー風景7

―Message

周りに相談しやすい社員がいるため、仲間と一緒にものづくりができる会社です。自分の限界値より先のアイデアが見つけやすい環境が整っていて、小さなスコップひとつで山を開拓していくような面白さがある。大変だけど、宝物を探すような感覚がありますし、自分が会社に貢献しているという実感を必ず持つことができると思います。また、性別や年齢に関係なく、優秀な方は若くても大きな仕事を任せてもらえる会社です。決められた根底のルールはありますが、自ら改善を促したり、より効率を良くするために意見を出したりしてくれる人や、整っていない環境でも力強く生きていける人に応募してほしいです。

株式会社Trys


イラスト制作、マンガ制作、デジタルYouTuber事業、ゲームの世界観の構築やキャラクターデザインなどを中心に事業展開 (※Exys株式会社と株式会社トライフォートは、2020年5月1日付で合併し、新設会社として株式会社Trysを設立しました。)

インタビュー記事アーカイブ


業種問わず、チーム全員がゲームづくりに参加できる環境
株式会社マーベラス
新たなエンジンで臨んだ『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』開発秘話
株式会社マーベラス
クリエイターの創造力を支える経営環境が整っています!
株式会社でらゲー
デベロッパーとして多くのゲームタイトルを世に出したい
株式会社デジタルワークスエンターテインメント
海外市場に興味があり夢や野望を持っている方歓迎です!
株式会社チャプターゼロ
良いモノをつくるためには、ヒトづくりが不可欠
株式会社アウェイキング
ゲームをより良いものにしたいという気持ちがモチベーションにつながる仕事です
株式会社キーワーズ・インターナショナル
ゲーム業界発のグローバル化された最先端企業
株式会社キーワーズ・インターナショナル
ゲーム業界にNext Standardを創造するメンバーが結集中
ミスリル株式会社
反応がダイレクトにある、やりがいのある仕事です
株式会社サンバード
コミュニケーションを生み出せる新オフィスは、
新たなステージに挑む最高の舞台!
株式会社f4samurai
運営開発に特化した組織だからこそ、
新しい価値を創造できる強み
ファンプレックス株式会社
変化をいとわず、イノベーションを起こしていく
株式会社ドリコム
ユーザー目線で面白さを追求する会社へ
株式会社gloops
CGや映像制作のノウハウを
ゲームグラフィック分野で活かす
株式会社アニマ
心でつくるゲームを京都から世界へ!
Momo-π studio
日本のエンターテインメント文化を世界に発信する企業でありたい
株式会社サファイアート
50年愛し続けられる…更なる50年への連鎖に想いを
株式会社ウインライト
企業としても、個人としても『面白く働く』を追求し、『面白く働く』を基準に盛り上げていく
株式会社カヤック
“ARE YOU COOL? 人に優しくあるために”
株式会社D2C R
仲間と好きなことを語って、作って、遊んで、学んで。
GAMKIN株式会社
ゲーム市場で存在感のある”巨人”をめざして
株式会社GIANTY
CGに関わる人を増やし、育てる。
株式会社プラネッタ
唯一無二のプラットフォーマー集団を目指しています
株式会社フレイムハーツ
「責任感・熱意」をもって共に「世界中で楽しまれるモノ」を創りたい
株式会社プレイリンクス
唯一無二のクリエイティブで世界の人達に楽しんでもらう
有限会社カナバングラフィックス
持てる力を最大限に見せることが、その先の仕事に繋がる
株式会社デザインアクト
少しでも“多くの笑顔”を。より“たくさんのワクワク感”を。
株式会社アッパーグラウンド

AVAILABLE JOBS
株式会社Trysで現在募集中の求人情報

求人の写真
株式会社Trys
アートディレクター

【福岡】2DCGデザイナー(アートディレクター候補)

この求人案件の募集は終了いたしました

自社で運用中のスマートフォンゲームのキャラクター、アイテムなどのアート制作をはじめ、マンガやアニメなど幅広いコンテンツ制作に携わっていただきます。

【業務内容】
・イラスト制作(キャラクターや、背景...etc)
・ゲーム内グラフィックデザイン制作(アイテム・UI素材等)
・コンセプトアート...etc
・クオリティ管理

求人の写真
株式会社Trys
アートディレクター

2DCGデザイナー(アートディレクター候補)

この求人案件の募集は終了いたしました

自社で運用中のスマートフォンゲームのキャラクター、アイテムなどのアート制作をはじめ、マンガやアニメなど幅広いコンテンツ制作に携わっていただきます。

【業務内容】
・イラスト制作(キャラクターや、背景...etc)
・ゲーム内グラフィックデザイン制作(アイテム・UI素材等)
・コンセプトアート...etc
・クオリティ管理

求人の写真
株式会社Trys
経営企画

企画提案営業

この求人案件の募集は終了いたしました

当社の動画事業部にてWeb動画制作や、マンガ動画(漫画広告動画)の受託制作を担う、広告企画営業職をお任せします。

【業務内容】
・新規クライアント企業への営業活動
・インターネット広告の企画、立案~結果の分析
・広告代理店などの関係各所との折衝業務

みんなにシェアしよう